初めての引越しの見積もり

主人の転勤により引越しをすることになり、業者に頼むことにしたので初めて見積もりの依頼をしました。
来てもらったのはクロネコヤマトとサカイだけです。
最初にクロネコがきて家具の大きさや家電製品の確認をして金額をだすだけなんですね。15万という金額の提示にびっくりしましたが繁忙期は値引きできないのだそうでガックリしました。それだけで予約するなら電話をだけでそそくさと帰っていきました。
次はサカイ。サカイは営業マンがきました。見るところはクロネコと一緒でしたが金額が21万!!高すぎー!
即値引き交渉すると、なんとか頑張って17万だけど今、今日決めてもらえれば17万でできますと強引な交渉を言ってきたんです。
私達は考えてクロネコの方が安いけどバイトが運ぶであろうというのが嫌だったので、サカイはバイトではなく専属のスタッフが運ぶので安心感があるのでその違いを2万プラスになるけどサカイをとりました。
繁忙期の引越し業者は強気なのでなかなか手ごわいということが分かりました。

海外に引越しする時に気をつけたこと

海外転勤の多い夫に着いていくために、日本から海外への引越を何度か経験しています。海外へ引越をする際は、日本国内の引越とはまた違ったポイントが有ります。
例えば、海外では電圧が違うので家電製品は全て持っていけない場合があります。そうなると今まで使っていた家電は全て別に梱包して、ロッカールームなどを借りて運ばなければなりません。またほとんどの場合、海外引越の荷物は船便で送ることが多いので、食料品などを送る時も賞味期限を逆算して梱包する必要があります。
さらに食器類に関してですが、これもまた船便での長旅になるので、途中で割れないように普段以上にしっかり梱包する必要があります。洋服関係も、長い間ダンボールに入れっぱなしになって来るので、シワが付く可能性を考えて梱包します。

私は引越しのスペシャリストです

今まで何度も引越しをしたことがありますし、友達や知人の引越しも何度も手伝ったことがあります。
なので引越しに関することならなんでも分かるくらい、引越しについてすごく詳しいです。
引越しをする時に行う複雑な手続きも、私にかかればすごく簡単に済ますことができるので、友達や知人が私に色々と質問してきます。
もちろん私がそれに答えるのですが、友達にはすごく感謝されます。
感謝されるのが嬉しくて、引越しについて色々ともっと知りたくなって、このくらい引越しの知識が付いてきて、私は引越しのスペシャリストになったと自分で思います。

女性による引越しサービス

アート引越センターという引越し業者のサービスでレディースパックというものがあるそうです。
一般的に引越しは男性が荷物を運ぶというイメージですが
このサービスでは、基本的に女性が一連の引っ越し作業を行ってくれるのです。
女性のお客さんからすると、男性に生活用品等を見られたくないという気持ちがあるそうで
そのような需要を満たすためにレディースパックが始まったようです。
私は男性の立場なのでこのサービスとは関係がないと言えるのですが、それでも利用してみたいです。
やっぱり男性よりも女性の方が丁寧な仕事をしてくれそうな気がしますし。

引越し業者についてはコチラ

何となく男性に比べて女性は暑苦しくない感じがいいですね。
男性でも利用できるのか気になる所です。。